2017/02/23

ご来店30秒

夕暮れ時に庭をみていると、近くのスズメが聞いたことのない羽ばたき音と、

けたたましい警戒音で鳴いて飛び去っていった。


すると、金属製の倉庫上への何かの着地音がしたので

目線をそっちに移すと、キジバト模様の翼が広がっていた。

まだ、全体はよく見えない。キジバトかな、と一瞬思った。



しかし、すぐに姿勢を正して、凛とした立ち姿を披露してくれた。



その鳥はチョウゲンボウ。

ハヤブサの仲間で、模様からすると多分メス。


 
4,5m先に降りてきたハヤブサ系の鳥に戸惑いつつも興奮。

しかし、彼女は目が合っても平然としていて、

お気楽に周りや真下を伺ってから、数十秒後に飛び去っていきました。



もう二度とないであろう貴重な出会いとなりました。

(以下、感想)


そして、ハヤブサ系に出会ったことで、ゆるゆる棒しなきゃと奮起しました(笑)
 (説明書にハヤブサが載ってますからね。)

それと、スズメ達が一瞬で究極の緊張・締まり具合への転身にも感心しました。

たるむ→しまるの移行具合のキレに、ゆるんでるなぁと。

ネコやカラスに対しての警戒音の比では無かったです。


0 件のコメント:

コメントを投稿