2013/03/20

春分

今日は二十四節気での春分ですね。
七十二候の初候においては雀始巣(すずめ はじめて すくう)といって
スズメが巣を構えるころだそうです。

得意げに語りましたが、二十四節気やら七十二候だなんて今さっき調べて
(´・∀・`)ヘー
と感心した所です。




先日の春分の前の啓蟄では、「虫達が冬ごもりから姿を現す頃」とテレビでやっているのを見た翌日、家の中でハエトリグモがモソモソと歩いてるの目撃し、昔の人は事細かに季節の変化と周期性を正確に捉えていたんだと驚くと同時に、動植物の規則正しいリズムにも感心します。


また、春先の体調の変化としては、自律神経が乱れやすいともいわれますが、寒暖差の激しさに脳機能がついていけてないのが1つの要因かもしれません。
春眠暁を覚えずというのも、気候の心地よさだけで眠り込んでしまうのではなく、脳疲労回復のために睡眠を多く必要としているのだと思います。

というわけで、春先は脳疲労回復系のゆる体操を念入りに取り組んでいこうと思います。首ゴロゴロ体操なんかが優しくていいですね。
この体操、間違ったやり方で取り組んでいる方も少なくないので、3,4月はより丁寧にやっていこうと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿