2016/07/14

謎の痛みと不快感

先日、左の脚や股関節の違和感から数日後は鋭い太ももの痛みで悶絶し、
ピーク時は救急車を呼びたくなったほどの事態がありました。

救急車は避けたのですが以後は片足引きずって歩くほどと、
上腹周りの皮膚の違和感とみぞおち左奥の不快感が酷かったです。

あまりの激痛から整形外科へいくも異常ないので様子見てねといわれ、
その数日後、内科へ行き血液検査・尿検査・エコー検査をしても異常なしで、
さらには胃カメラを飲む異常なし。

また整形にいって様子見てね、とたらい回しにあいました。



そこでその日の内に東洋医学系の治療院にいってみて事情を話すと、
触診などの診察の結果、帯状疱疹と判明。

坐骨神経での発症で、お尻に小さく発疹ができ始めており、
すぐに皮膚科か内科で薬をもらったら治りますよとの事で
その近所の内科を紹介され痛み止めとバルトレックスという薬、
抗ウィルス薬の塗り薬を処方してもらいました。

発疹も少ししか出来ず、水泡にもならず発疹自体は痛みもなかったですが、
薬を飲み終わった後でも一週間程度は痛み止めがかかせませんでしが、
最初の違和感から3週間で完治した模様です。


それにしても帯状疱疹は人によるそうですが痛いというのは本当でしたね。

ちなみに胃カメラ初体験だったのですが鎮痛剤なしで
やってみたところ、とんでもない地獄を見ました。

あれは検査という名の、現代の拷問ですね(笑)

今後の人生で胃カメラだけにはお世話にならぬよう過ごしたいものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿